株式会社キャリアアセスメント ラボ心理データ解析ソリューション人材評価・分析ツール知的財産権
Way Finding
人と企業の[ Way Finding = 道標 ]を目指す
ソフトウェアメーカー
 昨今、欧米ではテクノロジーを活用した人材マネジメントが大きなブームとなっています。また、日本においても大きな構造変化を遂げる中、企業をはじめとした社会全般で人材採用、人材評価、並びに人材育成などに対する考え方も変化しています。
 人的経営資源のより効率的な活用が叫ばれる中、人材戦略においては「定期採用」から「通年採用」へ、「集合教育」から個人の能力、適性にあわせた「個別教育」への移行が求められており、「人材の適性評価」をどのように行うかが、日本の企業にとってより重要な課題となってきました。
 そして、今、その解決策の一つとして、「HRテクノロジー」を活用した人材マネジメントが注目され、人材マネジメントに「ビックデータ」や「人工知能(AI)」を活用し、業績向上を実現する企業も増加しています。
 しかし、現在の日本のソフトベンダーが提供する主要な人材評価ツールは、欧米人の心理データベースから生成されたアルゴリズムによるソフトウェアであり、現実的に日本企業の業務に合わせるためには、多くのカスタマイズにコストと時間を費やすことが必要であるというものでした。
 このような現状の中、当社は1990年代より日本人の心理データベースに基づいた「国産人材評価ソフトウェア」の将来性にいち早く着目して、人材の能力を数値化する技術を開発し、日本企業における人材の戦力化、社員一人一人の個人の能力開発と自己実現のお手伝いをすることを理念としたソフトウェア開発を発展させたソフトウェアの開発を進めてまいりました。
 現在50万人を超える日本人の心理解析データを活用したアセスメントツールをベースに、人材採用・育成に関するソフトウェア製品の企画・開発・販売を行っており、多くの日本企業に導入頂いております。今後も人と企業の「道標」となるべく、私たちは進化し続けます。

代表取締役社長 福屋 貴司